今、実はモデルの間で話題になっている真っ赤なジェルが印象的なエイジングケア化粧品「J-cell(ジェイセル)」という化粧品。

J-cell(ジェイセル)は、美容や医療の業界において大注目のエイジングケア成分を配合しており、医学誌に掲載された実績もあるほどの化粧品なんです。

そんなJ-cell(ジェイセル)の特徴や効果をご紹介したいと思います。
・ヒト幹細胞培養液

J-cell(ジェイセル)は、ヒト幹細胞培養液と呼ばれる肌の一部の細胞を使用した肌なじみの良い成分を配合しています。

最近では、幹細胞化粧品は話題になりつつありますが、その多くは韓国やベトナムなどの外国のものが主流です。しかし、J-cell(ジェイセル)に配合されているヒト幹細胞培養液は、まだ数の少ない日本人の幹細胞培養液だけを使用した幹細胞美容ジェルなんです。
純国産の高価で希少価値の高い幹細胞培養液を使用しているので、日本人の肌にとてもなじみやすいことが特徴です。

・脂肪由来幹細胞培養液
J-cell(ジェイセル)に使用されているヒト幹細胞培養液は、日本の国立大学で採取されており、ヒト由来の中でも整肌因子のパワーが特に高いと言われている「脂肪組織由来幹細胞」だけを抽出して使用しています。
そのため、新鮮な整肌因子が豊富に含まれていることも特徴です。

・水溶性
実は、ヒト幹細胞培養液をヒトのお肌の角質層にしっかり浸透させるためには水溶性がベストだと言われています。J-cell(ジェイセル)は水溶性に作られた化粧品であるため、お肌にしっかり浸透しハリを与えてくれます。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ

ジェイセルのオールインワンはなぜ効果が高いの?

ジェイセルはなぜ効果が高いのでしょうか?ジェイセルを患者さんにおすすめしている皮膚科では、ジェイセルが再生医療から生まれたという点が評価されているようです。

ジェイセルに使用されている「幹細胞」とは、もともと人の肌の一部である成分です。そのため、肌になじみやすく美容への応用が研究されています。幹細胞には、加齢や乾燥でコンディションが悪化した肌をイキイキとした状態に整える力があることは分かっていましたが、昨年有名国立大学医学部から、幹細胞そのものでなく幹細胞を培養した時の「ヒト幹細胞培養液」にも肌を整える因子がたくさん含まれることが分かりました。

ジェイセルは、整肌因子を豊富に含んだオールインワンジェルです。今お使いの化粧品と併用してもOKな点や、洗顔後につけるだけという手軽さでも高い評価がされています。

ジェイセルはオールインワンなので、洗顔後はこれだけでお手入れを完了させても良いですし、物足りないという方はいつもの化粧品を重ねても効果は実感できます。

使い方のポイントは洗顔後に最初につけることです。ジェイセルに含まれる高品質な成分がグングン浸透して肌の奥からキメやハリを整えて、元気な肌を実現してくれます。

ジェイセルのオールインワンは、今までのオールインワンでは満足できなかった方や肌の衰えが感じるけれど面倒はお手入れをしている時間はないという方にぜひ試してほしい商品です。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ