J-cell(ジェイセル)は、セラミドやプロテオグリカン・コラーゲンなどの保湿力の高い成分がたっぷり配合されているのでお肌の潤いを強力に保ち乾燥を防いでくれる効果が期待できます。

そして、ヒト幹細胞培養液がお肌にハリやツヤを与え、ピーンと張ったキメが整った滑らかなスベスベ肌を導くことができるのです。

このような働きがあるため、J-cell(ジェイセル)はお肌の乾燥や変化に悩む30代後半の女性からたるみやハリ不足が気になるお肌にハリを取り戻したいという40代の女性などにおススメなのです。

そんなJ-cell(ジェイセル)の使い方は、朝晩の洗顔後に付属のスパチュラで1杯程度の量を手に取り、顔全体につけるだけととっても簡単なんです。
もちろん、J-cellだけでのケアでもOKなのですが、もしも乾燥が気になるという方はJ-cell(ジェイセル)の後の保湿をおススメします。

J-cell(ジェイセル)は前述したように水溶性の化粧品です。

そのためJ-cell(ジェイセル)をつける前の肌に油分が入ってしまうとJ-cell(ジェイセル)の効果が落ちてしまうのです。J-cell(ジェイセル)に油分が配合された保湿剤をプラスする場合、洗顔後1番最初はJ-cell(ジェイセル)をつけるようにしましょう。

油分が配合されていなければJ-cell(ジェイセル)の前につけても大丈夫ですよ。

そして、J-cell(ジェイセル)を付けた後に手のひらで顔を包み込むとお肌にしっかり成分を浸透させることができます。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ

ジェイセルにはどんな成分が含まれているの?

ジェイセルのオールインワンジェルはどのような成分で構成されているのでしょうか?毎日肌につけるものですから、使われている成分は購入する前に知っておきたいですよね。

ジェイセルは幹細胞コスメとしてその実力が注目されています。多くの幹細胞コスメは幹細胞の採取経路や培養を行った施設が分からないものですが、ジェイセルはその出所が明らかです。

ジェイセルに使われているヒト幹細胞培養液は国立大学で脂肪組織を採取した後、付属の研究施設で培養された高品質は培養液です。ジェイセルは国産の幹細胞を使用した高品質な日本有数のブランドです。

また、整肌因子が豊富な脂肪由来幹細胞にはヒトオリゴペプチド-13、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-21、ヒトオリゴペプチド-14、ヒトポリペプチド-9、カプリオイルテトラペプチド-3、などお肌のキメを整える成分がたくさん含まれています。

さらに、軽井沢の契約ファームで栽培された天然のハーブも配合。日本の和を感じさせるひのき・のばらと西洋のハーブであるローズゼラニウム・ラベンダー・マンダリンオレンジ・ローズカモミール・フランキンセンスをブレンドしたうっとりするような香りで、心地のお手入れを実現します。

ジェイセルのオールインワンがなぜピンク色をしているのか気になっている方も多いのではないでしょうか?鮮やかなピンクなので「着色料を使用しているのでは?」と思っていませんか?

ジェイセルのピンク色は上質なビタミンB12の色です。ビタミンB12は保湿効果や紫外線のダメージに働きかける作用が期待出来る成分なので、安心して使用できそうですね。

ジェイセルのベースには羊水に似た久米島の海洋深層水を使用しています。雑菌が少なく、豊富なミネラル分を含んでいることで、肌をイキイキとさせてくれます。また、海洋深層水は皮膚の浸透圧濃度に近いので、成分がしっかりと肌に入っていくことが期待できできそうですね。

確かな成分で作られたジェイセル、安心して使用できるコスメを探しているという方から選ばれています。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ