新しい化粧品を使うときは、副作用などの心配がありますよね。ジェイセルにはヒト幹細胞培養液といった、普段聞き慣れていない成分が使われているため、不安は大きいかもしれません。特に敏感肌の方は気になりますよね。

実際、ジェイセル以外のヒト幹細胞培養液配合の化粧品は、韓国人や台湾人のヒト幹細胞を使っていることが多く、日本人の肌に合わず思ったほど効果が出なかったり、アレルギーを起こすようなこともありました。

その不安を解消するためにジェイセルは、日本人のヒト幹細胞を使用。日本人の肌に最もなじみが良く、肌の再生に適したものとなっています。

実際今の段階では、ジェイセルを使ってアレルギーや副作用を起こしたという報告はありません。敏感肌やアトピー肌の方でも使っていただけるものとなっています。

しかしジェイセルには、人によっては刺激となる場合のあるペンチレングリコール、フェノキシエタノールが使われています。

この成分によって、まれに肌に刺激を感じたりアレルギー症状を起こす場合があるので、化粧品やアルコールでアレルギーを起こしたことがある方は、医師に相談したり、ジェイセルを使う前にパッチテストを行いましょう。

ジェイセルの効果や成分は?

口コミから、ジェイセルが肌に良いことはわかりますが、言葉でヒト幹細胞培養液配合と聞いても、効果はイマイチよく分かりませんよね。

そこでジェイセルの具体的な効果や成分についてもご説明致します。

そもそも幹細胞とはなんなのかというと、ヒトの肌の一部なんです。これを利用した美容の研究も進んでおり、もともと肌の一部ということで、とても肌なじみが良いんです。

そして有名国立大学医学部の研究で、幹細胞を培養したときにできる培養上清液に、整肌因子が豊富に含まれていることが分かりました。

それ以来、幹細胞培養液は皮膚科学の美容成分として、積極的に化粧品へ応用されるようになりました。

その中でもジェイセルに使われている幹細胞培養液は、整肌因子のパワーが高い脂肪由来幹細胞だけを抽出しています。脂肪由来幹細胞が分泌する整肌因子は、主なものでも500種類以上にもなり、肌のキメを整えるのに抜群の効果を発揮します。

他にもジェイセルには、アロマ効果のある軽井沢産の天然ハーブや、皮膚の浸透圧濃度に近い久米島の海洋深層水が使用されています。

これらの成分がしっかりと肌の奥から潤いを与えることで、キメの細かいハリのある艶肌を目指すことができるんです。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ