では、次に気になるJ-cell(ジェイセル)の配合成分を見ていきたいと思います。

・ヒト幹細胞培養液
やはり、J-cell(ジェイセル)の特徴的な成分といえば「ヒト幹細胞培養液」です。
J-cell(ジェイセル)は、日本人の肌に合う日本人のヒト幹細胞培養液を使用し、コラーゲンやヒアルロン酸・酵素・ビタミンなど500種類以上もの整肌成分が配合されており、お肌を美しく保つのに必要な成分を豊富に含んでいます。

・久米島の海洋深層水
雑菌が少なく、80種類ものミネラルを含むと言われている久米島の海洋深層水を使用することで、浸透力をアップしお肌になじみやすくなっています。

・天然のハーブエキス
J-cell(ジェイセル)には、軽井沢・浅間山南麓のハーブファームから採取されたヒノキや野バラ・ラベンダー・マンダリンオレンジ・ローズゼラニウム・ローズカモミール・フランキンセンスなどの天然のハーブエキスをブレンドし、うっとりするような天然のアロマの香りも特徴です。

・エイジングケア成分
J-cell(ジェイセル)は成分がお肌の奥にまで浸透する結果、エイジングケアの効果も期待できます。
プロテオグリカンや加水分解コラーゲンなどの年齢を重ねたお肌に嬉しい成分が配合されています。

特にプロテオグリカンは、ヒアルロン酸を超える保湿力が証明されており、まだまだ高価な成分でプロテオグリカン配合の化粧品は少数派なのです。

他にもコラーゲンやローヤルゼリーやスクワランなどの美容成分、カミツレエキスやアロエ・カンゾウなどの美容に効果的な植物エキスも豊富に配合されています。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ

ジェイセルはシミに効果なし!?

ジェイセルの口コミを調べていると、ハリやキメに関しての効果を評価しているものが多く、シミが改善したという口コミは少ないようです。ジェイセルはシミには効果がないのでしょうか?

肌は加齢とともに水分量・コラーゲン量が低下し、ハリやキメが失われます。ジェイセルは、ヒト幹細胞培養液を配合し、肌深層部の再生を図ることで肌にハリを与えて滑らかにしてくれる効果が期待できます。

できてしまったシミを薄くするには、美白効果のある成分が含まれたケアが必要です。ジェイセルには、美白に特化した成分は含まれていないようなので、すでに肌にあるシミに対して高い効果が得られるかどうかは疑問です。

ただし、シミができる原因を考えた場合にはジェイセルに効果があるということができるのではないでしょうか。シミは、紫外線などが肌にダメージを与えると、肌内部でメラニンが生成されそれが蓄積されることでシミとなります。

肌のターンオーバーが正常に働けば、このメラニンが肌表面の角質に変化して自然に剥がれ落ちます。加齢によりターンオバーの力が低下した肌も、ジェイセルの力で肌の水分量が増えることでターンオーバーが正常化されれば、以前よりシミができづらい肌になれるかもしれませんね。

肌をイキイキと健康的な状態に整えたい方は、ぜひジェイセルを試してみてくださいね。

>> J-cell(ジェイセル)の詳細はコチラ